第43回新巧工芸会 入選
    友禅訪問着「秋桜」

コスモスの花をモチーフに糸目糊置
(下絵をでんぷん糊やゴム糊などの防染剤におきかえてゆく工程)し、
地色を三段の濃淡のぼかしに染めました。



第35回彩芸展青年会 彩芸優秀賞
    友禅訪問着「曼珠沙華」

曼珠沙華の華を地色を白地にし大胆にデザインし、
花びらにうたし糊(糊を薄くし筆などでかするんことによって
半防染の効果を狙った技法)をしました。



全日本新人染織展 入選
    友禅訪問着「cabbage」

糸目糊置をせずに、模様の輪郭線を糊で堰出し(せきだし)模様を染め、
芯の部分はロウケツで堰出し(せきだし)しました。



第36回彩芸展青年会 NHK教徒放送局賞
    友禅訪問着「夢ゆり草」

夢ゆり草の花をモチーフに糸目糊置をし、花びらにうたし糊をしました。



第25回日本伝統工芸近畿展 入選
    友禅訪問着「風鈴ぶっそうげ」

南国に咲く風鈴ぶっそうげの花をモチーフに染めました。
この花を今までに着物のデザインに使った人は
おそらく初めてではないかと思われます。



第27回日本伝統工芸近畿展 入選
    友禅訪問着「アンスリウム」

地色はたまねぎの皮で染め、花のグレーの部分を墨で染めました。



第35回日本伝統工芸染織展 日本工芸会賞受賞
    友禅訪問着「花微笑む」

絹芭蕉という生地を使いグレーの線は、
色糸目(糊に色をいれたもの)で糸目糊置しました。



第38回日本伝統工芸染織展 入選
    友禅訪問着「モンレアーレの光」

前月の雨でシチリアのモンレアーレの丘に咲く花が太陽の光をあび、
雨露で輝いていました。
その美しさを表現しようと染めました。



第46回日本伝統工芸展 入選
    友禅訪問着「夏の日に。。。」

絹芭蕉という生地を使い、のうぜんかずらをモチーフにしました。
花びらの中の糸目を3段階の強弱をつけ変化を出しました。
inserted by FC2 system